オープンソースBIツール「Metabase」を使ってみる

データ分析 データ分析

社内でBIツール導入を検討しており、有名なツールとしては、「Tableau」「b-dash」「 Google データポータル」など多くのツールが存在し、どれを導入しようか迷っている中でオープンソースのBIツールとして評価の高い、「Metabase」をインストールして触ってみましたので、ご紹介します。私は、現在、社内でシステム担当をしており、利用できそうなシステムはインストールして動作を確認するのが癖になっております。

Metabaseをインストールしてみた

インストールはLinux、Windows、Mac、どのOSでも可能で、今回は自分のPC(Windows)へインストールをしてみました。動作するまでの手順はとても簡単で「Java」と「Metabase.jar」があればできます。

【インストール 4ステップのご紹介】

(1)OpenJDKのインストール

以下URLの「AdoptOpenJDK」をクリックし、「Windows」のMSIファイルをダウンロードします。 ダウンロードが完了後、インストールしてください。

Running the Metabase Jar File
The fastest, easiest way to share data and analytics inside your company. An open source Business Intelligence server you can install in 5 minutes that connects...

(2)Metabaseファイルをダウンロード

以下URLの「Metabase download page」をクリックし、「Metabase.jar 」をダウンロードします。

Running the Metabase Jar File
The fastest, easiest way to share data and analytics inside your company. An open source Business Intelligence server you can install in 5 minutes that connects...

(3)Metabase.jarを実行

Metabase.jarをダブルクリックすると、Metabaseが起動します。

(4)ブラウザで以下URLを表示します。

http://localhost:3000

ダブルクリックした後、PCには特に何も反応が起きないので、起動したかどうかはわかりにくいです。ブラウザで見ても何もでてこない!という場合は起動中かもしれないので、少し待ってから表示してみてください。

初回起動時にMetabase.jarがある場所にconfig関係のファイルやMetabaseで利用するDBなどが作成されるため、ディスクサイズなどを考えたファイルの置き場所・実行場所にしてください。

これだけだとスタートアップに設定されているわけではないので、毎回「Metabase.jar」を起動させる必要が出てきます。PC起動時に自動実行させたい場合は、バッチを作成してスタートアップに設定しておくことをお勧めします。

Metabaseを使ってみた

何も分からない状態で見ると、日本語訳に違和感があるのですが、使っていればなれると思います。設定の流れは基本、他のBIツールと変わりはありません。

【Metabase利用3ステップ】

  1. データソース(DBの登録など)の設定
  2. ビューの設定
  3. ダッシュボードの設定

データソースに関しては、インストール後、データ部分を見てみると、「Sample Dataset」というテスト用のDBが入っているので、これを利用してみましょう。

早速ビューを作ってみよう、というところで、どこをクリックするか迷いました・・・(そんなに設定場所はないので、比較的すぐ見つかったのですが、なぜ「作成する」にまとめてないのか)。

「照会する」というボタンを押せば、簡単作成かSQLを入力するかを選ぶ画面が出てきますので、ここからビューの設定ができます。

metabase ビュー選択画面

SQLを直接入力するのはちょっと・・・という場合は「カスタム質問」を選択しましょう。

SQL初心者が詰まり気味なテーブル結合もボタンをポチポチ選択するだけで作ることができます。

可視化するためのグラフも、利用できそうなものだけクリックできるようになっており、さほど苦労なく以下のようなビューを作成することができました。

metabase ビュー編集画面

ビューを何個か作成した後で、ダッシュボードに追加してみます。

ダッシュボードは「追加する」⇒「ダッシュボード」より新規追加ができます。

作成したダッシュボードを編集状態にすると、マス目が表示されるので、このマス目に合わせて作成したビューを配置することができます。

metabase ダッシュボード

操作の細かいところまではここではご紹介しませんが、とっかかりの部分さえ分かれば、今までBIツールを使ったことがない方でも簡単に操作できると思います。

Metabaseの特徴

オープンソース(AGPLライセンス)で利用でき、初心者でも簡単に利用できる、というのが大きな特徴です。

無料だからこそ「ちょっと試してみよう」と手を出しやすいですね。

利用可能なDBも、Mysqlなどの基本的なDBやBigQueryなどのデータウエハウスと連携可能で、そのほかとしてはGoogle Analyticsとの連携も可能となっています。

Google Analyticsの場合はGoogle Cloud APIが必要になるので、慣れていない方は設定で詰まるかもしれません。かく言う私も、テスト的にやっていたために、制限に引っかかって7日間でAPIが切れてしまったりと中々苦労しました・・・。

CSVやExcelなどは連携できないので、自分のPCにインストールして自分だけで使う、というにはちょっと使い勝手が悪いかもしれません。

ただ、複数人と共有して使いたい!という場合は、WEBサーバが必要となりますので、サーバ費用がかかることを考えると、完全無料とはいかないです。しかも必要なのはJAVAなので、VPS以上のサーバを用意する必要があるかと思います。

 

総評としては、技術者でなくても簡単にデータの可視化をできる、多機能ではないが、基本的な機能の揃っているBIツールと言えます。

ただし、共有して使うにはサーバが必要ですので、自社で行っているサービスでDBを利用していて、そのデータを可視化する、などであれば非常に有効なシステムと言えますが、「個人でCSVなどのデータを可視化したい」「Google analyticsのデータを社内で共有したい」というのであれば、Tableau PublicやGoogleデータポータルの方が、多少使い方が難しくても管理はしやすいでしょう。

執筆者
SE 田中

事例一覧

事業スピードを加速するための製造業DXの実現「データ分析サービス」

タイトルとURLをコピーしました