インサイドセールス

インサイドセールス

マーケティングとセールスの違いは?連携が難しい理由とは

マーケティングとは、「売れる仕組みを作ること」であり、セールスとは「売ること」です。企業活動における目的は一緒であるが、そもそも考え方が大きく異なる。それは、セールスが製品やサービスを軸に置いているのに対し、マーケティングは「顧客」に軸をおいております。
インサイドセールス

インサイドセールスはBtoB営業に最適!導入するメリットは?

btob企業においてインサイドセールスは、従来型の訪問営業と異なりメールや電話・オンライン会議ツールを活用し顧客にアプローチする手法です。メリットは「営業部門の負担軽減」や「営業活動自体を効率化」が挙げられます。結果として、成約率を高めることができ導入する企業が増えてきております。
インサイドセールス

インサイドセールスのKPIは何を設定するべき?

インサイドセールスを成功に導くためには適切な「KPI設定」が重要です。商談数?コール数?コンタクト数?数多くある指標からKPIを正しく設定することがインサイドセールスを成功に導く重要な要素。しかし、商談数だけを追うことが目的にならないためにも受注売上も意識する必要があります。
インサイドセールス

インサイドセールス5つのメリットとは?

インサイドセールスの5つのメリット。1.時間を有効活用できるのでアクション数を増やせる。2.役割を分担するのでクオリティの向上につながる。3.属人化もせず少人数でも導入できる。4.営業活動の管理がしやすくなる。5.受注確度を高めることができる
インサイドセールス

インサイドセールスとは?役割やメリットを解説

インサイドセールスは、見込み顧客へ情報発信を続け、製品やサービスの購買意欲を高めるマーケティングとセールスを繋ぐ重要な架け橋です。その役割は、製品やサービス情報の提供から顧客情報ヒアリング、商談アポ獲得まで多岐にわたり、btob企業活動における重要な役割を担います。
インサイドセールス

インサイドセールスを成功させるコツについて解説

インサイドセールスを成功に導くためには、4つのコツがあります。1.セールスとマーケティングの組織連携。2.適切なデジタルツールの活用。3.信頼関係の構築。4.見込み度が低ければ深追いしない。なぜこの4つのコツが重要なのか、詳しく解説します。
タイトルとURLをコピーしました